記事一覧

【ラウンド当日の朝】パター練習方法|100切・90切りのコツ

どうも、かずのこです♪みなさん、ラウンド当日の朝はどのようにしてお過ごしでしょうか(^∇^)ノ

ゴルフ場の到着が遅れてしまい、スタートまで20分しかない…あると思います。

ショット練習か、パター練習か…迷いますが私はパターの練習します。ラウンド前は、必ずパター練習するようにしています。ボール3個握りしめて練習グリーンに向かいます♪

特にゴルフを始めて間もない方は、朝のパター練習を軽視する傾向にあるかと思います。何のために練習グリーンでパター練習をするのかというと、体にパターの距離感を覚えさせるためだと思っています♪

キャプチャ


基本的には練習グリーンは、コースと同じ長さに刈っているので、距離感はコースと同じです。練習グリーンでの距離感を体にしみこませることが重要と考えてます。特に、なんとなくボールを打つだけではなく、転がりをじっくりみ見ることを意識しています。その他に、私がラウンド当日の朝のパター練習で意識していることを紹介したいと思いますヾ(・∀・)ノ

いつものストロークで打ってみる


普段、たまに自宅のパターマットで練習しますが、とりあえずそれと同じくらいの強さで打ってみます。いつも自宅で練習してるのと同じストロークので打って、どれくらい転がるか覚えます。

すなわち、自分の基準になる再現性の高いストロークが、どれくらい転がるか覚えます。もちろんパターマットと実際の芝は転がるスピードは違うので、例えば自宅のパターマットで二メートルのストロークで打っても、練習グリーンでは三メートルになるかもしれません。

いつもの自宅のパターマットでの距離感のストロークが、実際のグリーンでどのくらい転がるのかを覚えておくと、それより長い距離・短い距離が調整しやすいです∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…



ロングパットを練習する


自宅ではなかなかロングパットの練習が出来ないため、距離感を出すのが難しいです…。そのため、ラウンド当日の朝には10メートルくらいのロングパットも練習するようにしています。

ロングパットでのボールが転がる速さを見ておくと、3パットしにくくなると思います。


また、練習グリーンで練習する際に、上りか下りかを意識し、転がりをイメージして打つようにしています。

私はグリーン上でパターを打つ前には必ず、自分のボールとカップの横からラインを見て、上りか下りかを判断するようにしています(実はコレをやっていない方が多い??)。これを意識するようになって3パットが減りました(*´ω`)┛
キャプチャpatt

別にカップを狙わなくても良い


みなさん、やたらとカップめがけて打ちますよね。なぜでしょうか…オッサンがカップの周りに集まって気を使いあうという…めんどくさいですよね。

カップがないところでも、自分でカップを想定して打てば同じやん!と思います。例えば、芝の色が変わっている場所や、落ちている枯れ葉をカップに見立てて打てばいいと思います。

カップがないほうがオーバーした時の距離感わかるしね。

以上、朝のパタ練でのお話しでした~♪

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム


関連記事

コメント

No title

ラウンド前は、パット練習を必ずやります。
長い距離の寄せも大事ですが、
1mを確実に入れる練習もしないといけないですね!

そうですよね、ショートパット大事ですよね。もっと3パットを減らしてスコアアップしたいです~♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazunoko0310

Author:kazunoko0310
ただただ楽しく、いかにラクをして上達するかを考えているエンジョイゴルファーのかずのこです♪ゴルフに関する便利情報やワクワクする情報を発信しています♪
■年齢 30代
■出身 近畿地方
■趣味 ゴルフ、お酒、アウトドア

スポンサーリンク